成長ホルモンを分泌させる

成長ホルモンを分泌させる

大胸筋も別の部分の筋肉も、場所が異なっているだけで造りは基本的に一緒です。よって筋肉を付けるポイント抑えておけば、後はその部分を鍛える筋トレを行えばよいのですが、ポイントがよく分かっていないと、どれだけ筋トレを行っても効果は殆ど出ません。そのポイントというのは、成長ホルモンの分泌です。

成長ホルモンが足りないと筋力アップは難しい

大胸筋を鍛えたいのであれば、胸の筋肉を収縮させるトレーニングを行うと共に、成長ホルモンを分泌させることが大切です。成長ホルモンを分泌させるトレーニングを行わなければ、効果が殆ど出ません。

成長ホルモンが足りなくなってしまうと、筋力アップが難しくなるだけではなく、いろいろな弊害が出てしまうのです。それはシワやたるみができやすくなることや、痩せにくくて太りやすい体になるなどがあります。

アミノ酸を摂取しても、筋肉ではなくぜい肉になってしまうことが多いので、これではいくら筋トレをしても意味がありません。成長ホルモンは成長期ではなくてもきちんと分泌されるので、どのような生活や筋トレをするべきなのかを知っておきましょう。

成長ホルモンを分泌させる方法

まずは成長ホルモンをどのようにして分泌させるのかを解説させていただきます。最も注意するべきことは食事なのですが、たんぱく質と必須アミノ酸は必ず摂取しておきましょう。これは筋肉を作るためにも必要な栄養素です。

次に空腹の時間を作ることなのですが、なぜなら空腹で胃が刺激されると、成長ホルモンが分泌されやすくなるからです。よって間食はできる限り避けましょう。そして運動も欠かせません。ただし、無理な運動をすると逆効果になる上、有酸素運動では効果は今一つです。

なぜなら筋肉を修復するときに分泌されるからです。最後に良質な睡眠をしっかりと取り、ストレスを溜めないように生活することも必要不可欠でしょう。

インターバルが重要

成長ホルモンを分泌させるのに効果的な筋トレ方法は、インターバルを設けることです。ただし、時間は30秒から1分程度にしておかないと効果は半減してしまうでしょう。

コメントは受け付けていません。