継続して行うことが大切

継続して行うことが大切

大胸筋だけではなく、筋肉をしっかりと付けたいと思うのであれば、筋トレは欠かせないと言えるでしょう。しかし、いつも長続きせずに全く筋肉がつかないという悩みを持っている人もいます。そこで継続して行うための方法をいくつか紹介していきます。

効果が出る筋トレを行う

筋トレが長続きしない理由の中で、最も多いのは効果が出ないからでしょう。毎日欠かさず行っているのに、全く効果が出ないからやっても意味がない、これ以上続けるのが大変だと感じてしまうのです。ここで重要なのは、なぜ効果が出ないのかを知ることでしょう。

効果が出ない理由としては、正しい方法で筋トレができていないこと、筋肉を付けるための食事ができていないことです。もう1度この点を見直してみましょう。

筋トレというのは、鍛えたい筋肉をきちんと決めておき、適切な方法で行わなければ意味がありません。また、いくら筋トレをしても、アミノ酸を補給しなければ分解してしまうので、十分な効果は得られないでしょう。

無理なく目標を設定して習慣づける

毎日学校で勉強をしている人や、毎日仕事に行っている人は当然疲れています。疲れ切っている状態では、当然筋トレをさぼってしまう日が出てくるでしょう。そうすると長続きしなくなってしまいます。

そんなときには無理のない目標設定をしてみましょう。最初は簡単な目標を設定しておき、達成したら今度は別の目標を定めることで、毎日の習慣にしてしまえばよいのです。ようするに食事や睡眠、歯磨きや風呂と同じです。

どんなに忙しくても疲れていても、これらは必ず行うべきことですが、なぜできるのかというと、毎日の習慣になっているからだと言えるでしょう。そうすれば長く筋トレを続けることができ、効果も実感できるようになります。

ときには休むことも必要

軽い筋トレであれば、毎日続けても問題ありません。しかし、体が慣れてきたら当然少しハードにするのがよいでしょう。このような場合には、休息期間を設けることも重要になります。

コメントは受け付けていません。